薦田典佳 | やってはいけない副業

副業をするうえで、やるべきではない、やっても意味がない副業についてフォーカスします。

時間拘束・低賃金のアルバイト

副業と聞いて真っ先にアルバイトを想像した方はご注意ください。

副業というのは、本業とは別に自分自身にとって知識やスキル、金銭的に身になるものを選ぶべきです。

そのため、本業が終わった後でコンビニでアルバイトをしたり、ファーストフード店で働くような安易な副業には手を出すべきではありません。

アルバイトの多くは、時間を拘束され、その拘束されている時間に対して賃金が発生する時給制です。

時給制のアルバイトは低賃金の場合も多く、学生が社会経験にするのであればまだしも、定職についている社会人が副業で選ぶにしては安易すぎます。

将来自分がカフェを運営したいのでコーヒーの淹れ方を学ぶためにカフェでバイトをする、というような具体的な目標がない限りアルバイトはおすすめできません。

水商売

水商売は最も手っ取り早く高額が稼げるため、実際OLの方なども副業でやっている場合もあります。

しかし水商売というのは深夜帯にかけて長く時間を拘束されるため、本業に対する悪影響が出やすい仕事です。

よっぽど体がタフな方や、具体的な目標金額などが明確で、その金額を稼いだら辞めるというような意思がないかぎり、ずるずるとその世界にとどまりがちです。

意思が弱い方などは、本末転倒なことにせっかく本業のお勤めがあるのに、水商売のほうが儲かるからと安易に会社を辞めてしまいます。

水商売はあくまでも若さを売るところです。男性も女性も安易に副業として選ぶ事はおすすめできません。

興味のない仕事

副業を探す際に、自分が興味がないジャンルや興味のない仕事につくのもNGです。

副業というのは思った以上にプライベートの時間を削るものです。

そのため、興味がなくつまらないと思う仕事や、苦痛に感じるようなものは手を出さないほうが無難です。

プライベートがなくなる仕事

本業が忙しく残業が多い方など、わずかなプライベート時間をすべて副業に充ててしまうような働き方は体に良くありません。

あくまでも副業というのは自分の隙間時間や、納得のいく時間の使い方にとどまるべきです。

すべてのプライベートがなくなってしまうような、拘束時間の長い仕事などはストレスのあまり体のみならず精神にもダメージとなります。

副業を始めるのであれば、やっていて楽しい仕事、適度に隙間時間を活用できる仕事、体に負担のない仕事をよくよく吟味しておきましょう。

薦田典佳 | 副業を始める前に考えておきたい4つのこと

それでは実際に副業を始める前に、一つ注意いただきたいことがあります。

それは副業を始める際に、4つのポイントについてしっかり意識をする必要があります。

この4つのポイントについてしっかり考えておくことで、副業の成功や目的の達成が可能となります。

副業を始める前に意識する4ポイント

ポイント1・目的を明確化する

まず、なぜ自分は副業をしたいのかという目的をクリアにしていきましょう。

お金を稼ぐことが目的であれば、お金にならないような副業を始めても意味はありません。

スキルを磨くことを目標にしているのであれば、金銭面で収入が高いからといって興味のない業界でアルバイトをしても意味がないからです。

漠然と副業を始める人は、この自分自身の目標が明確化していないせいで、なんとなく稼げると聞いてアフィリエイトを初めてみたけど失敗する、というような羽目になりやすいのです。

ポイント2・目標を定める

続いて、始めるにあたって目標とすべきゴールはあるのかを明確にしましょう。

なんとなく楽しそう、人がやっているからやってみる、というようなふわっとした気持のまま、目標なくスタートしても挫折してしまうからです。

将来のためにスキルアップするという目標や、具体的に年収100万アップ、というような目標を立ててください。

目標があるほうが、より副業に対しての意欲も沸き立ちます。

ポイント3・やりたい事・出来る事・需要がある事を意識する

まず副業を始めるうえで、今自分が持っているスキルをベースに仕事を探す事をおすすめします。

また将来やりたい仕事につながるものであればなおさらベストです。

余裕があればその仕事が社会にニーズがあるかどうかも意識してみましょう。

特に週末起業などで副業を考えている人は、この「やりたい事・出来る事・需要がある事」の3ポイントは考えておくべきポイントです。

ポイント4・ワクワクする事を意識する

副業で失敗する人の多くは、お金は稼げるけど辛い事、つまらない事、または労力ばかりかかってつまらない事を選んでしまいます。

副業というのは本来は自分にとって楽しい事やワクワクする事がなくてはいけません。

頑張れば頑張るほどお金が入ってきてワクワクするという人や、人と沢山繋がれて出会いが多くて楽しいということなど、人によってワクワクするポイントは違います。

副業は義務で行うものではないため、いつも何かワクワクできること、自分の心がときめくようなモチベーションで探しましょう。

 

薦田典佳 | 副業禁止の企業に勤めている人が副業をするとどうなるのか

まずは副業をするうえで、ご自分の会社の就業規則の確認を行ってください。

会社によっては、いまだに就業規則で副業を禁止している会社があります。

一方で、規則に厳しそうな大手企業では副業を解禁しています。

ヤフー

リクルート

サイボウズ

新生銀行

ロート製薬

メルカリ

サイバーエージェント

エイチ・アイ・エス

DeNA

LINE

ソニー

佐川急便

伊藤忠商事

ソフトバンク

いかがでしょうか。

このような大企業でも今の時代、副業を推奨しているのです。

ましては中小企業にお勤めの方や大企業以上に不安定な会社で働いている方はなおさら副業をしたほうが精神的にも、金銭的にも安定していきます。

会社が副業を禁止している場合はどうすればいいのか

しかし、ご自分がお勤めの会社が副業を禁止している場合もあります。

副業禁止の場合選択肢としては、以下の選択があります。

  1. 副業をあきらめる
  2. こっそり副業をする
  3. 投資などで稼ぐ

どうしても副業が難しい場合は、株やFX、投資信託などで「お金でお金を生む」ための資産運用に励む方法がおすすめです。

しかし、中にはこっそり副業をしたいとお考えの方もいるのではないでしょうか。

こっそり副業をした場合、就業規則の拘束力はどの程度のものでしょうか。

結論から言えば、就業規則での副業禁止は憲法や労働関係の法律で定められておらず、罰則が生じるものではありません。

そのため、副業禁止の企業に勤めていても、こっそり副業をする事で逮捕をされたりというような事は生じないのです。

しかし、副業をするうえで、会社の本業に支障をきたしたり、信用を無くすような行為につながったり、同業他社で働いてしまった場合などは、会社に対する損害を与える事になります。

その場合は解雇や懲戒免職などの処分を受ける可能性もあるため、ある程度のリスクは承知しておかなくてはいけません。

副業によって会社に損害を与えるような事とは、具体的にこのような内容です。

  • 副業のせいで、遅刻や欠勤が増える
  • 同業他社に副業し、顧客情報や業務上で知りえた情報などを流出した
  • 就業中副業のせいで居眠りが増えた、仕事のミスが増えた

このように、勤めている会社に迷惑をかけるような行為が副業によって生じた場合、解雇や懲戒免職をされても文句は言えません。

副業を始める前には、自分の会社の就業規則はしっかり確認しておきましょう。