副業は3つに分類が可能・貴方はどれを副業にする?

副業が可能な企業にお勤めの方は、どのような副業を始めるか考えていきましょう。

副業の方法は様々ですが、大きく3つに分類ができます。

週末起業で副業をする

ECサイトを運営して物品を売ったり、週末に自宅でカフェを運用するなどの起業をするという方法です。

そのほかには自分の持っているスキルをもとに、セミナーを開催したり、観光ガイドとして活躍をしたり、自分の能力を生かした仕事を自ら生み出すのが起業系の副業です。

お手持ちのスキルや能力が実は思いがけない方法で副業につながる場合があります。

週末のみの起業なので、リスクも低くスタートできます。

また順調に成果が出たタイミングで独立に踏み出す事もできるため、リスクなく始められる週末起業は特におすすめです。

リスクというのは、起業をするうえでかかる費用の事です。

借金が必要だったり、無駄に費用が掛かるような起業は副業にはお勧めできません。

たとえば身一つでできる、ホームページ制作業、インターネットショップの運用などの借金などをせずとも始められるもので起業をしてみましょう。

逆に、オフィスをレンタルしたり、カフェ起業のように土地代を支払わなくてはいけないような起業は週末起業には向きません。

固定で発生するような費用が出ないもの、または出たとしても必ず週末起業で稼げる費用で巻き取れるような費用にとどめておきましょう。

例えばインターネットショップをオープンする際にかかる費用やサーバーなどの月額使用料はサービスによっては数百円で済むものもあります。

しかし一方でオフィスなどを借りてしまうと、毎月使用料で数万から数十万発生するので、そのようなお金をかける企業はNGです。

業務委託を受けて副業する

業務委託の場合は、取引先企業や事業主から仕事をもらう方法です。

データ入力のような在宅ワーク他、プログラミングやライティング、ウェブサイトのデザイン、商品登録などのデーター入力などが多いようです。

クラウドワークスのような、事業主と個人を結びつけるネットサービスを利用して、取引先を探してみましょう。

自分が当たり前に仕事で使っているスキルが、副業としてお金になる可能性もあるのです。

資産運用をする

  • アパートを購入して、家賃収入を得る。
  • ブログを書いてアフィリエイト収入を得る。
  • YouTube動画を作成して、広告費用を得る。

このように、一度作り上げた後は、特に手をいれずともお金を生み続けるものを資産と言います。

資産を購入、または作り上げて副収入を得る資産運用も一つの手段です。

 

その他・プロボノ系

例えば資格を持っている方が、休日ボランティア活動で専門的な知識を提供したりするようなボランティア活動なども副業としてカウントできます。

ただしこちらは、報酬を目的としていないのが特徴です。

もし今現在の収入面に満足されてて、精神的に多数のコミュニティに所属をして息抜きをしてみたいという方はプロボノ系副業をしてみるのも楽しいと思います。