薦田典佳 | 本業が辛い、苦しい人ほど副業を始めよう

本業のほうで、毎日会社に行くのが辛いという場合があります。

本業では窓際社員になってしまい、出世が望めないですとか、仕事内容が無くて暇な時間が多いというような場合もあります。

また一方で人間関係でぎすぎすしており、居心地がよくないというような場合もあるでしょう。

  • 月曜日になると会社に行くのが嫌だ
  • 若干鬱の気配がする
  • 今の仕事が辛い

このように、会社という閉塞的な環境にいる事で、メンタルが不調になったり毎日不満や不安を抱えているのはとてもつらい事だと思います。

それではいっそのこと会社を辞めてしまえばいいのに、と人に言われるかもしれません。

ですが、辞める踏ん切りがつかなかったり、お金の事が心配だったりします。

このような状況は、はっきりいって牢獄のような不自由な状態だと言えます。

この不自由で、閉塞感に満ちた人生をどう打破すべきでしょうか?

もし今本業で辛い、会社に行きたくないという方は、思い切って副業を始めてみてはいかがでしょうか。

会社が辛い人ほど副業を進める理由

今勤めている会社が辛いと感じるのは、一つ自分が所属しているコミュニティがそこしかないから視野が狭くなっている点があります。

家と、会社の行き来だけの人生の場合、会社というコミュニティで人間関係がうまくいかなくなると、もはや逃げ場がなくなります。

そうするとどんどんとストレスがかさみ、追い詰められ、うつ病になったりするのです。

ですが、いざ仕事を辞めるとなると今度は、お金の面で収入不安が出てきます。

 

副業を始める事で、今の閉塞感から抜け出せます。

新しいコミュニティでの自分の居場所が得られる

新しい収入先を確保でき、精神的に楽になる

この二つを手に入れる事ができるのです。

そうすると、世界が広い事、自分の居場所がほかにもある事に気が付くのではないでしょうか。

今の会社が嫌で嫌でしかたないけれどという人も、好きな仕事や興味のある仕事を副業で持つ事で、新たな人間関係に所属しそこに自分の居場所を得る事ができます。

そうすることで自己肯定感が満たされ、心の平穏を得る事ができるのです。